MENU

会長挨拶

2021-2022年度
浦和北ロータリークラブ会長

積田 優

この度、伝統ある浦和北ロータリークラブの60代会長を務めさせて頂きます。60周年という節目であり至極身に余る大役でございますが、全てにおいて全力で取り組んで参る所存です。
さて、本年度の目標として私が為すべきことは、60周年の関連諸事業を成功させることは勿論ですが、今後の5年、10年、20年を見据えて新たな戦略を抱き、未来への第一歩を踏み出すことです。そこでクラブターゲットを

維新伝心 ~感謝の気持ちを奉仕に変えて~

 に決めました。60年間クラブを築きあげて頂いた先人、ご協力と共に行動して頂いた関係行政・諸団体、地域市民をはじめ、クラブに関係頂いた多くの皆様に「感謝」し、その気持ちを地域と世界を少しでもより良くする「奉仕」の活動に繋げていきたいと思います。また、ロータリーは今大変厳しい時期に直面しており変革を求められていると思います。
それは、会員減少や新しい会員が増えたことで、ロータリーや奉仕に対しての価値観の共有が困難になっていることです。
またCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響から今までの様に普通に例会・事業を行えないことも挙げられます。
しかしロータリーは変えていけない事があります。それは正しく「ロータリーの目的」・「四つのテスト」の理念であり、松本輝夫ガバナーからも発信されましたが、ロータリーの中核的価値観、奉仕・親睦・多様性・高潔性・リーダーシップであります。この価値観を行動に移すことがロータリーの使命であります。この普遍的な理念を遂行するために、
維新 ― 変わらないために変わる
伝心 ― 会員同士 心と心で分かち合う
を念頭に、私自身微力ですが、我が浦和北ロータリークラブの全会員が一致団結をして社会により大きなインパクトを与える奉仕事業を行うと共に、社会からも会員からも必要とされるクラブになるべく一歩でも前進していきたいと思います。
是非とも皆様方のご支援・ご協力・ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

基本方針

  1. 60周年の諸事業を全会員の関与のもと成功裏に開催する
  2. 地域・世界へ向けた新たな奉仕事業の構築
  3. 会員各位が一人の入会を目標とした会員増強
  4. SNSの活用・メディアとの連携による公共イメージの向上
  5. 出席率の向上と100%例会の実現

最新記事

PAGE TOP